ダブクリ速報別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 6/14 「虚ろの双刃 バイナリスター」「飛将の星輝兵 クリプトン」

<<   作成日時 : 2013/06/14 11:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

今日のカードは、6月22日(土)発売 トライアルデッキ第11弾「侵略の星輝兵」収録のユニット、「虚ろの双刃 バイナリスター」「飛将の星輝兵 クリプトン」でした。


虚ろの双刃 バイナリスター
ユニット設定


封印していた三英雄の生体データから生み出された半有機合成生命体の試験体。 しかし、クレイの戦士達の手によって封印が解かれてしまい、データ解析が不十分だった為、その力は想定の4割を下回り、オリジナルには到底及ばないという結果に終わっている。 失敗とはいえ今までの量産型に比べれば破格の性能を誇り、今後この新型サイバロイド「バイナリスター」は、改良が済み次第量産ラインに回される事が確実とされている。 彼らの次の標的は解析が進んでいる2つの国家とその隣国、すなわちユナイテッドサンクチュアリ、ドラゴンエンパイア、ダークゾーン。 彼ら末端の兵士には感情も感傷も無い。 より正確に解析を行い、より効率的に障害を排除するのみ。 弱者には死を穿ち、強者には従属を強いる。 これが、彼らの不文律なのである。


飛将の星輝兵 クリプトン
ユニット設定


侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」。 スターゲート侵攻の一番槍となった半有機兵士「サイバロイド」で、他者との対話等、意思疎通を行う為の機能を完全にシャットアウトされている。 三英雄にかけた封印を破られ、クレイをより危険視すべきと判断した“リンクジョーカー”は、ついに星そのものの侵略を開始する。 標的となった最初の地は、他国と諍いの少ない南方の大国、スターゲートだった。 巨大な施設が多く存在するこの地域は民間人が一か所に密集しやすく、制圧を行う際に都合の良い条件が揃っていたのである。 突如現れた謎の軍勢に不意をつかれたスターゲートの2つのクランは、幾つかの地域を放棄して撤退せざるを得ない状況に陥った。 他国への通信手段を途絶し、瞬く間に一国家の半分近くの領土を掌握した「星輝兵」達は、本格的な惑星侵略へと乗り出す。

【星輝兵(スターベイダー)】
「虚無(ヴォイド)」の化身にして惑星クレイを脅かす侵略者、“リンクジョーカー”の先兵。 原生生物を調査して強者のデータを収集、可能なら素体そのものを支配下に置く事を主目的とし、その過程で収集に値しないと判断された対象を消去しているとみられる。 クレイには存在しない数多の技術を保有し、「呪縛(ロック)」と呼ばれる未知の力を自在に操る。

ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング

当サイトに使用しているカード画像は、 カードファイト!! ヴァンガード公式ポータルサイト(http://cf-vanguard.com/)より、 ガイドラインに従って転載しております。 該当画像の再利用(転載・配布等)は禁止しております。
(C)bushiroad All Rights Reserved.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6/14 「虚ろの双刃 バイナリスター」「飛将の星輝兵 クリプトン」 ダブクリ速報別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる